<   2007年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

CHUCK BERRY

原点回顧

最近特に思う このコトバ

オレたちはいつ、どんなタイミングでロックンロール、ロカビリーのトリコになってしまったのか?

時代は変わり この日本に住んでいても イギリスやアメリカの
ロックンロール・カルチャーに遅れるコトはない
レアなレコードもシャツもクルマもその気になれば手に入れるコトだって出来る

シゲキがないんだよね スリルが
じゃ どうしろって言うんだよ? オクジュン? 
ないならサ 作ればいいんだよ

作れないなら も1度最初から振り返ってみようか


アレは小学生の頃
ヘタクソだったけど絵を描くのがすきで 授業中ラクガキばかりしてたっけなぁ 
学校でもヒトと同じ答えが大キライ

短波のラジオ買ってきてFENを雑音まじりで聴いてた4年生 ダレがナンだか解んなかった
チャリンコの改造は5年生 チョッパーみたく作ってサ

6年生の頃 トッポイお兄さんやお姉さんが集まるゲーセンに恐る恐る行ってみたりして
その頃
赤いジャンパーや黒革のジャンパー着てリーゼントにしてバブル・ガムを膨らませながら
ピン・ボールやってたセンパイ方
このヒトたちのマネをしたくてサ
要するに目立ちたかったんだよね

オフクロに頼んで買ってもらおうと思ったけど・・・ダメだった

「欲しい服があるなら自分で働いて買いなさい」

ごもっとも 
なんですがショウロクで使ってくれる企業なんてあるかい?
社会人になるまで待てない。今欲しいんだよ
その頃の多くのダチはジャンパーなんてキョーミないからね
せいぜい連中のアタマの中は新しいグローブかマンガ本のコトだろう

それまではオフクロの見立てのシャツを着、ズボンを穿いてた
親のオススメの髪型をし、クツを履き、流行りの歌謡曲や学校で習った
曲を口ずさんでいた

生まれて初めて自分で選んだ服 11年間の抑圧されたライフ・スタイルからの脱却
反抗期だね

じゃあって言うんでお年玉やこづかいを貯めて ダイエーで買ったよ 赤いジャンパー
エリが四角くてサ ボタンが付いてたり ヘンテコなヤツ

でもコレ着てるとサ 今自分はとんでもない世界の住人のような気がしてた
自分のコトは自分で決めるオトナのオトコ 
強くてカッコいいイメージ

それからチョッと過ぎてその赤いジャンパーはジェームス・ディーンっていう
アメリカのカッコいいヤツが着てて ソレをゲーセンのヤツらがマネしてたのを知った

映画も見た
クルマのレースやナイフでのケンカ 単純にカッコいいと思ったね

で しばらくたってリーゼントとか出来るようになってから 
ジェームス・ディーンの着てたようなモノに買いなおした

チャンと三角のエリがついてるヤツ 
コレだよ コレ やっとめぐり合えたってキモチでイッパイ
もう 「カンペキだ」ってね 
14才のオレは

ゲーセンのヤツらや周りのダチはまだ四角いエリのボタンが付いたの着てた

そんなドキドキしたティーンの頃のロックンロールとの出会い…
オレだけじゃなく きっとミンナ似たような と思う

イマさ やっとロックンロールの仕組みが解ってきたオレたち
イマの感性で も一回来た道を振り返ってみようか
c0040110_1273840.jpg

今 実はプロジェクト進行中 
本人に確認とっておりませんゆえイマ名前は出せませんが
良き理解者にコダワリのジャケット 作ってもらってマス
ソートウ コダワって 作ってもらってますので
オトナの不良に も1度ソデを通して欲しいね
発売になったら ココで宣伝します


そんな赤いジャンパーが似合う当時のBGMは エルヴィスのRCA時代や
チャック・ベリーだね

えー ? チャック・ベリー ? ダサいよー オクジュン
イマさら 聴きたくないよ あのナニ聴いても同じのスリー・コードは
アキアキだし 入門編たから 一枚しか持ってないしドコ行ったかわかんないよ

ごもっとも
Johnny B Goode や Rock’n roll Music、Sweet Sixteen、Roll Over Beethoven…
んー キャロルやユウヤさんのカバーや他のアマチュア・バンドのカバーも合わせると
何百回もみんな聴いたと思う
カラオケでも歌えると思うよ

オレ 2,3年前かな チャック・ベリー 日本に来たじゃない ?
運良くコーハイ達と一緒に観る事が出来た
福岡だったかな
「ロックンロールの神様を観に行く」ってサ
チャック・ベリー 生きてる内に観とこうってね
ステージの彼はもうソートウ オジイチャンでサ 率直な感想はダイジョウブ? ってカンジだった
そのチョっと前レイ・キャンピ観に行った時なんてサ
ゲンエキでベースの上に飛び乗って弾くしビックリしたんだけど…

解ってなかったんだよねー イマから3年くらい前でもサ ロックンロールが
c0040110_1343068.jpg

1926年10月26日セントルイス生まれ

本名はチャールズ・エドワード・アンダーソン・ベリー
16才の頃 仲間とクルマで街中を乗り回し暴走行為で逮捕
少年院に10年の刑を宣告されたが院内のゴスペル・グループに参加
19才で仮釈放
その後21才までボクサーとして従事
22才 結婚
その後デビューまでフィッシャー自動車組立工場で働いていたが
昔のゴスペル音楽隊の頃の仲間と
26才の頃からドラム・ピアノ・ギターのトリオ・コンボとして参加
彼のギター・ワークはアドリブにヒルビリーの要素を加え
ブルーズ・コンボにない斬新な音だった

活動拠点であるセントルイス・エリアではすっかり有名になり
アマチュアでありながら
アイク・ターナーやアルバート・キングと肩を並べる人気となっていた
そんなある日 チェス・レコードのマディ・ウォーターズに
「ベリー君、チョッと今度オレのボスに逢ってみないか ?」
「マディーさん 初めまして オレですか? オレなんか…せいぜいアマ・レベルっスよー」
「いや これからは 白人にウケる要素がないとダメなんだ キミのサウンドはグッドだ」
「オレ白人キライだし…イマのままでイイっす」
「もう黒人ばっかり相手にしてたって売れ上げはサキが見えるんだよ、さあコッチに来い ! 」
というようなやりとりをしてマディはチェス・レコードの存続をこのオトコに賭けていた
レナード・チェス社長はチャックの軽快な調子のヒルビリー調ブルースを聴いて
コレはクル!!!! と確信した

プロ・デビューは29才

1955年 5月21日 チェス・レコードからMaybelleneでデビュー
レナード社長は人気DJ アラン・フリードに20日の夜にはプレスを持って行き
発売前にこのセンセーショナルなナンバーを一晩に20回以上 放送で流していた

エルヴィスはこの時20才 54年7月にThat’s All Right Mama をリリースしていた
チャックのデビューの頃 この青年はルイジアナ・ヘイライド・ショーで初のTV出演をしていた

エルヴィスのThat’s All Right Mamaは白人が黒人の曲をアレンジしてカバーしたモノ
チャックのMaybellene は黒人が白人テイストを入れて本人が曲を作ったモノ

比較にならない いや比較してはいけない二人だけど
どうしてもロックンロールの創設者として世間がいう2人
コレだけの年齢差と生い立ち、デビューの差
もしチャック・ベリーの方がアマチュア時代が短く先にデビューしていたら…
いや チャックのデビューは 時代がそうさせたのかもしれない

そんなチャック・ベリー ティーンの頃 飛ばしてロクに聴いてなかった名曲に針をもう一度

Back In The USA  59年2月17日
軽快なジャンプ・ブルース ソウルフルなコーラスが効いてる


Nadine  63年11月15日
ミディアム・テンポのハクリョクのあるロックンロール こーいうテンポ好きだなー


Promised Land  64年3月26日
75年1月に発売されたエルヴィスのセイム・タイトルのアルバムの曲
イキオイのあるエルヴィス・ハージョンとは打って変わり
オリジナルのチャック・ベリーはクールに歌いこなしている


You Never Can Tell  63年11月15日
映画「パルプ・フィクション」でトラボルタが久しぶりに見せる
グリースの頃のダンス・シーンで効果的に使われてた曲 いいなぁーコレ


Thirty Days  55年5月21日
MaybelleneのB/Sとして使われた曲 似ているがコッチの方が
オレはMaybelleneよりドライブ感があってイイと思うなぁ


Memphis Tennessee  58年6月7日
キャロルのカバーのイメージが強いが オリジナルはスゲ-クールだと思う!
再発見して欲しい


Come On  61年7月29日
何百回聴いてもクール !!
オレが選ぶチャック・ベリーのベスト・ソングはコレ !!


Beautiful Delilah  58年4月20日
特にテイク16のセッションはスラップもバッチバチで
コレ聴きゃーブライアンもカバーしたくなるよなー
コルバート・ハミルトンやバス&フライアーズがコレ聴いて
デビューするっきゃ ないよな


You Can't Catch Me  55年12月20日
コレもスラッフが効果的に使われている
すべてを理解しているロカビリー・バンドにカバーしてもらいたい


Around And Around  58年2月28日
数多くのブルース・バンドにカバーされているこの曲
オリジナルだけが持つハクリョクを是非イマ1度


Berry Pickin'  55年12月20日
ラテン系のインスゥトル・メンタル
後半から少しロッキン風に変調していくがセンスがとてもすばらしい


Havana Moon  56年4月16日
リラックスできるリゾート・ソング
かと言って決して眠くはない 途中シャウトしたり
単調なテンポで終始 クールな曲
20代のキミには少し早いかもしれない
c0040110_1344969.jpg

この内マタのロッキン・ポーズはエルヴィスではなく チャック・ベリーが本家

by hey.onetwo-okujun | 2007-05-14 01:36