<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

BLOOMIN’ BROTHERS

女性の3分の1は「発射」のトキのイキオイに「不満」を感じてるの
・・・ブッシュー・・・ああ出ちゃたわねー

ああ そうですか そうですか 
そりゃ10代のコロから比べりゃ イキオイも落ちてるだろうさ
フンスイの様にぴゅっぴゅっ 飛び散ったりしないさ
でも若いトキは知らなかった イロイロなコトが出来るってモンだろうさ
もっとそのヘンも評価してくれよ・・・

ニンゲンってのは上手く出来てるよね
確かに若いって素晴らしいし 荒削りなトコも魅力だ
オレが若い頃は「早くシブくなりたいなー」なんて思ってた
無いモノねだりだよね

ただバクゼンと1日を過ごしてしまったヤツらと
色んなモノを観たり聴いたり触ったりしてたヤツとでは
10年も時間があれば相当なアドバンテージが出来てる

ロックンロールにしたってそうだろ?
いろんな事情でロックンロールの旅をリタイヤしちゃたヤツ
アプローチの方法はいくらでもあったハズだよ
例えばさ
CDは高くて買えないけど
無料のオクジュンのROCKABILLY NITE を欠かさず見てるとか(大笑)
ソレは悪い冗談としても

そんな人たちでもいつかゆとりが出来たトキにさすぐ社会復帰できるように
更生プログラムだと思ってツマンネ文章だけど読んで欲しいね

先日 敬愛するビリー諸川さんのDVDを購入しまして
c0040110_301315.jpg

ハイ おっしゃってる通りすり切れるほど観ます
コレはビリー諸川&BLUE MOON BOYSの頃の
ライブハウス WISHBONEの頃の映像が楽しめる
トム古川さんのRACE WITH DEVIL CRUSIN’ COOL OFF BABY …
など7,8曲入ってる もちろん現在のビリーさんのライブがメインだけどね
当時映像はビデオからの編集だから画像はアレだけど ファンにとってはタマらないね

そんなビリー諸川さんが関東エリアでシャウトしまくってた頃
九州熊本でアツい男たちが活動しようとしていた
ジンさん率いるBLOOMIN’ BROTHERS
c0040110_31518.jpg

ビリー諸川さんとJINNさんの無敵コラボ
1992年 熊本メルパルクホールにて (RAVE ON VOL.16より)

東のビリー、西のブローミンと言われ
日本のロカビリーシーンをリードし続けてきた
実際 今活躍している九州のロカビリー・バンドは全部といっても
言いすぎじゃない位 影響されてると思う

彼らのスタイルはオーセンティックなピュア・ロカビリーに
ワイルドなバイカーの味付けをした
クールな不良ピュア・ロカビリー
ビリーさんがジャケットとスラックスでエルヴィスをフューチャーしているとすると
ブローミンはブーツにジーンズで当時の不良ロッカーがそのままタイム・トンネルを抜けてきた
そんなイメージが強い
c0040110_34381.jpg

オレが初めてBLOOMIN’ BROTHERS知ったのは
写真一番右の89年発売のカール・パーキンスのトリュビュート・アルバムで
GONE GONE GONE をワイルドな歌い方と演奏で
しかもクラッシックな録音にコダわって吹き込んだのを聴いたのがキッカケ
それから例えV.A.のアルバムで一曲でも歌ってたら購入する程の入れ込みようで
c0040110_3123067.jpg

現在7インチも3枚出てるハズ
H.P.はコチラ
メンバー紹介とかディスク・グラフィーはH.P.で観て頂くとしても

オレの所感
カバー曲のセンスが良いのと
世界に通用するオリジナル曲のクールさ
カバー曲についてはおかげ様でイロイロ勉強させて頂きました
元ネタオリジナル探しの旅にも出て参りました
FIRE ENGINE REDのオリジナルをやっと見つけたトキのコトは憶えている
(実は昔買った V.A.の中に入っていた)

そんなBLOOMIN’ BROTHERS
待望の2’ND ALBUMが今月ついに出るらしい
タイトル「HIT THE ROAD」 OTHRCD-008 
オン・ザ・ヒル レコード


量販店にはきっと置かないので気になるヒトは直接問い合わせた方が良さそうだよ
by hey.onetwo-okujun | 2006-06-11 03:42

盗んだキッスはドッキリ甘いぜ

いやーまいった まいった
ベルトのバックルがぶっ壊れてサ
重いモノ持った瞬間に「バキッ」って あと情けないスルスル~ってカンジ
その後はズボンがズレズレで ビンボーな子供の様に
ずり上げる動作を1分に1回 行っておりました
ま ベツにズレてパンツ見えてもいいんだけどね メーワクでしょ?

ヒンジ部もソートウな仕事量だったと改めてお亡くなりになった
ベルトに敬意を払いつつ 自分の成長したハラにアタマかかえつつ
新調しました

モチロン 細身のヤツ
THE KING
ココのお店はクールな服をコンセプトを持って作ってらっしゃる
流行とかウケとか全く考えずきっと自分の着たいモノを製品化してるって
カンジでさ 非常にオトコらしくステキだと思います
c0040110_016555.jpg

このベルトがぶっ壊れても 次もココのお店で買いたい

以前にも紹介したけど細身のベルトはスラックスに
コレはエルヴィス・スタイルなんだけどサ
トッポクでイカしてるよね 大好きです

さて今日は 伊藤聖史さん
ってナニ?
でしょー知らないよねーみんな
イトウ キヨシって発音するんだけど
エルヴィスの 元祖インパーソネーター とでもいいましょうか
つまりエルヴィスのパフォーマンスを愛を持ってコピーしたステージングをする人
インパーソネーターってたら今じゃ
森 泰正 さんとか
アーロン成清さんが有名ですよね 世界チャンピョンだったりします

でもエルヴィスが死んだのは1977年8月だから
80年初頭までは別に必要としなかった
だってさ ホンモノのパフォーマンスがついこの前まで見れたから

ここ日本でも伊藤聖史さんが各地のライブ・ハウス (ケントス) で
80年位からパフォーマンスしまくってた

1980年って言えば昭和55年 ストレイ・キャッツが出る前で
言わば第2次ロカビリー・ブームの前

日本でこんな偉業をやってのけてたのも彼のエルヴィスに対する
ひたむきな愛情を感じられずにはいられないね

そんなパフォーマンスを見てあの森さんやアーロンさんも「よしっオレも」って
思ったのかもしれないし ビリー諸川さんだって大なり小なりのエーキョウを
受けてたに違いない

その活動をグーセン見たあの湯川れい子さんの目に止まり
オリジナル曲を提供してもらえるチャンスが
それが
「今夜もシェイクで大騒ぎ!! C/W 盗んだキッスはドッキリ甘いぜ」のシングル
c0040110_0523498.jpg

コレカックいーです オレのロックンロール名曲のベスト3にいつも入ります

声もさるコトながら このお方はチャーンと解ってらっしゃる!
センスとケイケンをバック・ボーンにエルヴィスっぽく歌う 
コレ聴いてるとシアワセ もうね オカズはいらない ゴハンおかわり!!

Aの今夜もシェイクで大騒ぎ も名曲殿堂入りだが
Bの盗んだキッスはドッキリ甘いぜ がサイクーです
この曲は82年頃 カゴメトマトジュースのCMにも採用されてます

歌詞を一部紹介
LET ME STEAL YOUR KISS UH~STEAL YOUR KISS
BABY I'M SHAKIN AND I CAN STOP IT ANYMORE
WELL~ STEAL YOUR KISS UH~ STEAL YOUR KISS 盗んだKISSはドッキリ甘いぜ
そうさ 冷たくしないで TREAT ME NICE LOVE TENDER BABY CAUSE
I NEED YOU SO KISS ME QUICK LITTLE SISTER REALLY LOVE YOU SO
キッスにしびれて I BEG ON YOU 恋の大穴 STUCK ON YOU
STEAL IT ONECE STEAL IT TWICE も1度素早く盗んで・・・

エルヴィスの曲がふんだんにチリバメられていて 今改めて書くとチープな印象だが
曲にノルと もーね サイコウなのです

さてそんなシゲキ的なシングル・デビューから更に 活躍を続け
1986年10月19日 赤坂クリスタルホテルで行われた
ケントスの創立10周年パーティに
ディブ平野、植田芳暁、かとうゆかり、ジェームス藤木 などと共に出演

のちのちこのパーティはレコード化されたのだけど
ココにリストがある
c0040110_1203163.jpg

11曲目のバーニング・ラブ オレが今まで聴いた中で一番のホット・ホット・バーニング・ラヴ
オリジナルのエルヴィスより上かも・・・
(余談だけどロッポップ・リップスっていかにもケントスだよねー)

でもね ロック・スターって寿命が短いのかな それともエルヴィスが天国で呼んだのかな
今から15、6年前に他界

なんだか今日初めて 伊藤聖史さんを知った人には残念だけど いつか機会があったら
是非是非聴いて欲しい 
オクジュンイチオシです
♪LET ME STEAL YOUR KISS UH~STEAL YOUR KISS♪
by hey.onetwo-okujun | 2006-06-04 01:28