<   2006年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

WILD ONE再考

今さらだけど「先駆者」ってのはカッコいいね
ヒトのマネじゃなく こう考えて 誰もやってないコトをする
ファッションだってクルマだって音楽だってアレでしょ?
流行りの前にやっちゃう

いま「流行り」って単語書いたけど アレだぜ
みんなの住んでる街に2,3人もうヤッてるヤツがいたらソレは流行り
オレたちがやってるコトなんてどーせ少数派なんだからさ
「やられたー先越されたー」と悔やんでください

アイディアとセンスはカネじゃ買えない オノオノで磨いてください

例えばクルマのリア・ウインドウにデカく「痔」ってステッカー貼るじゃない
コトバのイミは置いといて単純にヤマイダレとテラが合わさった
美しいロゴ・デザインと解釈して習字のセンセイかなんかにフォントしてもらうワケさ

ココで一般人とクリエイターの差が出る
一般人はどーしてもこーしても「意味」から考える
「痔」ってあの「ぢ」でしょ? ヤダーカッコ悪い ソレに恥ずかしい

クリエイターの感性は「おー漢字一文字でシブい! ソレにこの漢字バランスがイイ! 」
ステッカーは大30センチ 中10センチ 小2センチ 位で作るんですよ
大はアレだね クルマとかマンションの玄関用
中はギターとか学生カバンにイイんじゃないかな
小はケータイとかマグ・カップなんかご自由にどうぞ

そのうちTシャツのバック・プリントなんかにもイイね
世界中で爆発的に売れてヨーロッパのトップ・モデルNさんも愛用 とか
合衆国大統領もオフでゴルフするとき愛用とかさ
ルイ・ヴィトンとも契約して「痔」のモノグラム模様が出来るかもしれない

でも最初は自分で着るんでしょ 作ったらきっと世界で最初のファッションだよ!
ファッション・リーダーなワケ
コレ着てデパートや映画館、夜の盛り場をウロウロするワケだ

ま もし流行んなきゃ 自分の病名を自分でサラケ出すだけだからね
ダレにもメーワクかけないでしょ?

さて前置きナガメですが 今日はWILD ONE 邦題「乱暴者」
コレは先駆です

今オレたちのライフ・スタイルは
この映画に出てくるアウトローのファッションがベースになってるコトは
きっと世界中で共通認識オール・オーバー・ザ・ワールドなんですよ

だってさ あの暴力教室 (BLACKBOARD JUNGLE) が1955年公開
理由なき反抗 (Rebel Without a Cause) が1955年公開
乱暴者 (WILD ONE) は1953年公開 

二年も前に公開してりゃ BLACKBOARD JUNGLE のスタッフも
「ははーんあんなようにヤレばいいんだ」とか
ジェームス・ディーンだって
「マーロン・ブランドかっけぇー よっしゃオイラもマネするぞー」
ってハナシが出来るんじゃない?

全てのロックンロールの先駆けにもかかわらず評価が低い
何故?
面白くないから 映画として
以前衛星放送で放映してたが 途中で寝た ストーリはチープだし 
実際DVDを購入したまで良かったがなかなか見る気になれない

まずこの映画をまだ見たコトのないヒトのために

ジョニー率いるバイカー集団は、バイク・レースの会場でトロフィーを奪って警官達に追い出されて、閑静な田舎町に大挙して押し寄せる。ジョニーはウェイトレスのキャシーに惹かれるが、対立する暴走族の一団が現れて争いとなる、バイカーたちの無軌道な行動によって町を荒らされた住民たちの怒りは爆発し、ジョニーに集団リンチを加える。初めて暴走族の実態を描いた映画で、反抗的で、誤解されやすく、傷つきやすい50年代の若者を主人公にしたアンチ・ヒーロー映画のはしりとなった作品。
(引用) 素晴らしき哉、クラシック映画! 様より

ジョニー(マーロン・ブランド)はチーム「暗黒の反逆」(B・R・M・C)のリーダー
c0040110_1553132.jpg

ダブルのライダースはShott社のワンスター 
ドクロにエンジンのピストンとコンロッドのペイントがトレード・マーク
この映画でもうレザー・ジャケットにチーム・マークのペイントの歴史があった

ジョニーのために彼の仲間が盗んだ
トロフィーは実は2着のモノ
1着のトロフィーはデカ過ぎて盗めなかった
でもジョニーは気に入って愛車のトライアンフ・サンダーバードのライトの上にくくりつけ
オーナメントとして愛用
c0040110_15595297.jpg

どう考え立っておかしいがコレはコレで当時流行ってたんじゃないかな

c0040110_162583.jpg

このイキなハンチングをかぶったカレがB・R・M・Cのナンバー2 クールだ
ケニッキーみたいな味を要所要所で出す

c0040110_164421.jpg

コーヒーショップで左のカレがハープでクールなブギを即興で吹く
右のカレはこの映画で一番リーゼントがキマっている

c0040110_1662345.jpg

B・R・M・Cと敵対するグループのリーダー チノのボーダーTシャツ
この間隔こそホンモノ 昔買ったクリーム・ソーダやチョッパーのボーダーTは
間隔が狭すぎる
今このボーダーTをコダわって売っているのは広島のゴールデン・ロビーだけだと思う

c0040110_16102424.jpg

いかしたオンナのコ この映画でもうサーキュラーのワン・ピースにポニー・テイルだ

c0040110_16114525.jpg

メイクに注目! セクシーだ
特に左のコ 前髪にパーマーネントをかけた本格派!

c0040110_16132232.jpg

当然B・R・M・Cとのダンスが目当てでこのカフェにやってきた
踊ってる曲はジャイブ 
もうロックンロールのバイブルといっていい内容

c0040110_16152169.jpg

タバコは一本耳に刺す アウトローの典型

c0040110_16161367.jpg

ダブル・ライダースを着たときの着こなし インナーはTシャツだけじゃない
この映画をじっくり見てホンモノのハクリョクを研究しよう!!

c0040110_16175823.jpg

パン・ヘッドのハーレー モチロンリジット でなんともうこの時代から
プライマリ・カバーを取っ払ったオープン・チェーンスタイルである

c0040110_16231797.jpg

一時 ジョニー・キャップを探してたトキがあったがドライ・ボーンズによって復刻された
オレは似合わないから買わなかったけどネ

今回は"再考"というスタンスでWILD ONEをとりあげました
何故って? みんな1度はもう見てるでしょ
でも改めてじっくり見ると 
全てのロック・ファッションのルーツだし 現グリーサー達のバイブルって気がしました
by hey.onetwo-okujun | 2006-05-27 16:30