<   2006年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

CHESS ROCKABILLY

健康第一 仕事は第二
当たり前だけど健康なくして働けないし 遊べない 
デートも出来なきゃ ロックンロールも聴けない

トモダチとの会話も
20代の話題 クルマ、オンナ、ギャンブル、趣味
30代の話題 仕事、オンナ、家族、趣味
40代の話題 自分の健康、仕事、家族
というのが通例です

オレも御多分にもれず 周りのトモダチとは
だんだんと健康ネタが増えつつ あります

「最近、ションベンの切れが悪くね?」
「ああ、悪い アレかもな機能がにぶってるのかな?」
「ジローいたろ?ハーレ乗ってた、あいつ肝臓に腫瘍が出来てるらしい 同じコト言ってたよ」
「ゲッ しゅようって… まさかアレ?」
「若い頃ブランデーとかラウンジでラッパ飲みしてたからな・・・ツケが回ってきたんだよ」
「・・・気の毒に・・・明日はわが身だ・・・な・・・」
「・・・ああ・・・」
「・・・」
しんみりしちゃったりして

若い諸君!
今 笑ったね 
笑えない現実はきっと訪れる
「寝起きの吐き気」「朝のむかつき」「仕事中の胃の痛み」「突然の頭痛」「内臓からくる腰痛」
などなど
今から不摂生をつつしみ ツケを回さないように

・・・なんて 出来るワケャねーだろ! 死ぬトキャ死ぬんだよ
今をハッピーに生きよう

今日は前回の補足ってイミも含めCHESS ROCKABILLYについて
CHESSって言ったら まずこの人たちですよね
c0040110_3311918.jpgc0040110_3313464.jpg









そうあまりにも有名な2人(ボ・ディドリーは傘下のチェッカーだが) 
そしてマディ・ウォータズ、
リズム&ブルースの偉大なレーベルだよね

1947年 ポーランド移民のCHESS兄弟がシカゴで創立したレーベル
サン・レコードのサム・フィリップス社長はRufus Thomas Howlin' Wolf Ike Turner等の自分のレーベルにいたブルース・シンガーのレコーディングしCHESSに売った
自分のトコで売り出すよりリズム&ブルースの販売ネットと実績を持っているCHESSに
販売権をゆだねた方が良いと考えていたんだろう

ココまでは良かったのだが
ある時サム・フィリップスはCHESSにElvisも含むSUNの歌手の完全なカタログを見せた
いや売ろうとしていた
カタログだよ! イミ解る? つまりあの偉大なエルヴィスやカール・パーキンス、
ジェリー・リールイス、ジョニー・キャッシュにプライスを付けてさ

「どう ウチのアーティスト? 皆イケテるでしょ? 特にこのエルヴィスはRCAからもオファーがあって今売り出し中でさ、ちょっとお高くで○○ドル」
「うーん、ロックンロールならウチにはチャック・ベリーがいるし」
「コイツはさ白人だけど黒人ぽく歌えるお買い得だよ 金の卵さ」
「こっちは?」
「ああ コイツね コイツはチョッと神経質でさ、使いにくいけどセンスはあるよ
こっちなら○○ドル」
「フィリップスさん せっかくの申し出だけどやっぱ辞めとくわ」
「そうかよ・・・残念だな」
って具合でチェス兄弟はこのビジネスを断った

もしエルヴィスがRCAじゃなくCHESSでデビューしていたら・・・

全ては運命のめぐり合わせ 

そんなCHESSレーベルにもモチロン白人向けのエルヴィス・フォロアーはいた
c0040110_3274271.jpg

手ぶれでスイマセン
Billy BarrixやDale Hawkins がそうだね
以前ビリー・バリックスはピュア・ロカビリーの章でも紹介したコトはあるけど
COOL OFF BABY はELVISのBABY LET’S PLAY HOUSE
に酷似した、というより異名同曲なんだけど 
ELVISのソレをはるかに越えてカッコいい!

デイル・ホーキンスもOh! Suzy Qで有名だけどCHESS時代はLa-Do-Dada
ってイカしたティーン・ポップ・ロカビリーを残している

Bobby Sisco はどう考えてもエルヴィス
を意識した歌い方 って言うより「コレ、エルヴィスだよ」ってビギナー言ってもきっと解らない
Jhonny Fullerなんてもっと評価されても良いんじゃないかな
このヒトは白人の様に歌える黒人だね

クラブ・ヒットでおなじみのEddie FontaineのNothin’Shakin’なんてカッコ良すぎ

Maylon Hamphris の Worried About you Baby
九州福岡の新進気鋭The Planetsがカバーした ロカビリー・クラシックの名曲!!
c0040110_328279.jpg

Bobby DeanのJust Go Wild Over Rock’n’Roll
これまた イギリスのネオ・ロカ ブルーキャッツがカバーした1’stアルバムの
A面1曲目のカッコいいロックンロール
c0040110_3281768.jpg

忘れちゃならないのがJet Tones の Jet Tone Boogie
ビリー諸川&ブルームーン・ボーイズのSEとしても有名なこの曲
トム古川さんのギャロッピングでこのクールな完コピをも1度聴きたい
c0040110_3282735.jpg

CHESS ROCKABILLY はハズレ無し 最後まで一気に聴けるぜ
by hey.onetwo-okujun | 2006-04-23 03:51

THAT'LL FLAT GIT IT !!

遅ればせながら映画「RAY」を観た
実にリアルによく出来た映画だ
40年代当時のアメリカ南部の貧しい田舎の村の描写
50年初頭の黒人ファッション、黒人のクラブ・ハウス、そしてダンス
音楽業界のいやらしさ レコード業界のしがらみ 人間関係・・・

才能のあるひとりの青年がロック・スターになってゆく半世紀を再現したもの
似たようなもので「ラ・バンバ」 「バディ・ホリーストーリー」があるが
リッチー・ヴァレンスはこれから・・・ってトコで死んだ
バディ・ホリーも同じ
レイ・チャールズは97年67歳まで生きて晩年はサザン・オール・スターズのバラードを
歌いによく日本にも来ていたから
もちろんご覧になった方も多いと思います

レイ・チャールズはソウルの神様と言われ
ロックンロール・ロカビリーの誕生の時期と同じく1954年頃デビューしている
オレが知ってるのは初期の
メス・アラウンドとか
エディ・コクランもカバーしたハレルヤ・アイ・ラヴ・ハー・ソー
オムニバスでしか音源は持ってない

もちろんホワッド・アイ・セイも知ってはいるけど持ってはいない
アンチェイン・マイ・ハートも知ってはいるけど音源は・・・ない

オレの守備範囲にギリギリ入ってないんだよねー
だからと言って買おうとは思ってないけど もっと他のアーティストを先に聴きたい

そう
前置き長くなりましたが 今日はレイ・チャールズのコトではなく
もっと他のアーティストのハナシ

ロカビリー全盛期 つまり1955年以降1960年頃の5年間で
アメリカって1つの国の中に星の数ほどレコード会社が出来て
そして星くずのように一瞬光って消えたアーティストは実際数えられない

7インチのシングル・レコード盤1枚しかリリースされてないけど鮮烈な光を50年たった今
異国の地 日本でも聴けるコトが出来る
情熱があれば ね

モチロン 発売当初の7インチで聴きたいのは理想だけど
もし探すのなら天文学的な時間と労力を費やす もう個人のレベルなら一生じゃ足りない

今日ご紹介するのは
そんなロカビリー・スターの音源を所属していたレコード会社別に発売している
オムニバス・アルバム THAT'LL FLAT GIT IT シリーズ
c0040110_1743063.jpg

いかしたジャケットでしょ? 50'Sのティーンの不良像が描かれてる
元々ドイツのベア・ファミリー・レコードの社長は世界でも有数のレコード・コレクターで
7インチレコード音源を所有している

このシリーズはその7インチからダイレクトにCD化してるからマスター・テープまでとは
言わないが相当 オトはリアルなハズだ

個人的なシュミで言えば
Vol.1のRCA
Vol.2.のDECCA
Vol.3のCAPITAL
Vol.5のDOT
Vol.7のMGM
Vol.8のABOTT FABOR RADIO
Vol.10のCHESS
Vol.11のMERCURY
Vol.12のIMPERIAL
Vol.13のABC
Vol.15のLIN
あたりが初めて買うならオススメだろう
BEAR FAMILY RECORDS
c0040110_17424647.jpg

シリーズものはこうヨコに順番に並べたいよね そしてチェックしたくなってくる・・・
アレ?整理が悪いのかVol.9が無くなってる
チャンと並べたツモリがBにOが混じったガサツなセーカクのため順番が途中クルってる
コレ許せないヒト多いだろーなぁ
Vol.21.23.24は未発売
by hey.onetwo-okujun | 2006-04-15 17:51

ホワイト・バックス

あのさーメシ食うでしょ?
そんトキ必ず言う言葉がある たぶん日本全国統一規格で
「いただきます」
方言もないと思う ナマリもね

チョッと前だったかな 後輩と仕事が終わってラーメン食ってて
「おーきたきた いただきます」
「いただきます」
「オクジュンさん どーして今いただきますって言ったんすか?」
「へ? だってアレだろ 作ってくれたヒトにカンシャのキモチってもんだろ?」
「違うんですよね 実は 食べ物の中には魚や牛、豚や鳥が材料になってるでしょ?」
「ああ そだね」
「だから(命を)いただきますってイミらしいですよ」
「なんだかエグイね」

実際仏教の教えらしいけど きっと日本中のヒトは仏教 なかにはチゲーヒトもいるけど
ためになったでしょ? オレも長年生きてきてイミを知らす言ってた

今日はホワイト・バックス
エルヴィスの55~56年頃の写真集とかで必ずはいてるアレ
ブラック・スラックスにドンギマリなんだよねー
c0040110_1573633.jpg

スェードよりもメの細かいヌバックって素材
買ったときはさ 純白でとってもカッケーんだけど長年履いてると汚れちゃう
でも
靴ズミって付けられないし もちろん洗ってやるコトも出来ない
どーするかって?
消しゴムで汚れを落とすんですよ コレ
ジミでしょ
メンドイから汚れをそのままにしておくと シミに
とてもメンテナンスが必要なハキモノ

もともとリゾート・シューズでさ 避暑地の砂浜を散歩するトキに履く靴
なんての テロンテロンのアロハ・シャツにタップリ・ドレープのパンツになんかにさ
ヨユーを感じるよね オワフ島のハナウマ・ベイ辺りでさ

でもエルヴィスは黒人のチンピラ・ファッションが好きだったので
彼らのアコガレのリゾート生活をせめて靴だけでもってコトで
コレをタウン・シューズとして履いてた

で世界中のロカビリアン達はこぞってマネをしたんですよ
もちろんオレもね

今流通しているホワイト・バックスで最も手に入りやすいのか
ウォーク・オーバー社だったんだけど どうも倒産しちゃったみたい
今復刻でロード・チャールスってメーカーが作ってるんだけど

やっぱレンガ色の靴底はクールじゃないよねー
でももし「今すぐ履きたい」ってヤツはコレしきゃないんだよね 

昔ジュビリー・シューズで「1枚甲」って言って
靴底の黒いいわゆるエルヴィス・モデルを作ってたんだけど
買いそびれちゃったよ 残念!
なんだろ よくあるハナシなんだけど 「また今度買おう」じゃもうトーブン逢えないね
レコードでも古着のシャツでもそう

コレはオレのトモダチのレコード屋のマスターが言ってたんだけど
「10年先になるかもしれないけど 探す気さえもてばきっとめぐり合える」
ロマンティックなハナシだよ もうあせる必要はないんだよ
だからさ 一生かけて探す レコードでも靴でもね

みなさんのお探しのモノもきっと きっとめぐりあえると思う
c0040110_1575531.jpg

コレ履くとき牛さんに「いただきます」って言ってる
あ! エイプリル・フール回ってたよ
by hey.onetwo-okujun | 2006-04-02 01:58