<   2005年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ROUGH HOUSE R&R

行ってきました ィヨコハマ!
なんての? だぶんというか間違いなく日本一カッコいい地名

例えば赤いドリズラーのバック・プリントに
「なんとかかんとかYOKOHAMA」
とか
カークラブのネームに
YOKOHAMA JAPAN
って
ズルいくらい カッコいー
港町 米軍の駐留地 外人(アメリカ系)が多くオシャレな街
日本一ロックンロールの似合うロケーションです

そんなハッ! ィヨコハマアンーで行われたイベント
ROUGH HOUSE R&R
今回で第4回になるらしい ってコトは2001年からだね

一緒に行った仲間はオレのよきライバルでもある
リュージクンとひーやん そしてそのコーハイのナカムラくんとオレの4人だ

イベントは5時からだけど チョッと早く着いたのでヨコハマチューカ街で
くるくるってテーブルのついたトコでイキにランチとビールを

最後はジャスミン茶で エーちゃんの「チャイナ・タウン」を地でいくおバカな4人組

続いて本牧のムーン・アイズに
ココ行きたかったんだよねー
で目当ては隣りの
ムーン・カフェ
にある5ドルのシェーク
5ドルのシェークだよ! バーボンも入ってない牛乳とアイスクリームだけで5ドル
・・・ってどっかで聴いたコトあるかな?

オレはバナナのシェイクをオーダー
感想は「ウマイ!JPsizeの2倍は入ってる」 
オクジュンオススメのィヨコハマ新名物です
c0040110_14483869.jpg

さて 会場のそろそろ開く時間 史上最強のロッキン・カルテットは
ついに旧タイクーン・カフェにある(今もある)横浜ベイ・ホールへと向かった!
昔ディスコだったらしいココは港のソバで窓からベイ・エリアが見渡せる
カッコいいなー こんなトコ 昔のディスコにもキョーミがあるのだが・・・
キャパはオール・スタンディングで1000は入るだろう

さて会場と同時にショップを物色
モチロン・お約束の本日のポマードはコレ
made in U.K.って文字が気になり購入
ココナツの強い香り 柔らかくてサイドに適してると思う 1500円なり

他にもいろんなショップが入っている
原宿の某有名古着屋さんとか
関東ロッカー愛用のクリーム・ソーダやペップに代わって台等してきたショップ
Good Rockin'のブース 撮影許可ありがとうございます
c0040110_14503240.jpg

あ 高円寺のLookey Dookey のスタッフの方 
ご丁寧なグリースの説明ありがとうございました

でイベントなんだけど
カーショウっていうには・・・?だったねー今回
もっとミンナが見て楽しめるようにすれば良かったんじゃないかな
あれじゃ オーナーさんのジマン大会 
よって写真は撮ってません あしからず

さてバンド
TIGER LILYってバンド
オンナのコのVo.とギターも女のコでコレがまたウマイ!
女のコといってあなどってはいけません
素晴らしいパフォーマンスでした 今後の活躍期待してます
c0040110_14513127.jpg

CHARLIIE&THE HOT WHEELS
サーフィン&ホッド・ロッドというオレのイチバン無知なラインを専門でやってる
でもね イイんです
ロカビリーだけのイベントなんてつまんねーよ
見にくるヒトたちもいろんなロックンロールが聴きたいハズ!
c0040110_14505763.jpg

PINK PARTY POODLES
本日イチバンの盛り上がりを見せたカノジョたち
写真をとるのも苦労しました
エロくてサイコーなパフォーマンス 
反則です 反則! でも反則サイコー 個人的に大好きです!!
c0040110_14504897.jpg

THE CHUPA CHAPS
コレです コレ 実はイチバン楽しみにしてました
その昔 ビック・ビート・ショウの時は4人ともリーゼントキメキメだったけど
今回はシブく そしてカッコいいアップなドゥー・ワップを聴かせてくれました
ステージングもカッコ良くてさ シャネルズの再来ってカンジ
Fools Fall in Love 、Bad Boy、アンコールのShout!
カッコよかったー もっかい観たい!!
c0040110_14512850.jpg

BIG SANDY
もーね カンドーですよ
だってレコードと寸分違わぬ演奏 コレぞプロの成せるワザ
技術も素晴らしいし 歌もウマイ!
一線を画してたなー
c0040110_14514913.jpg

そんなこんなでDJの皆さんも素晴らしく 朝5時まで行われたようですが
オレたちロッキン・カルテットは平均年齢が35歳 もう限界!

後ろ髪ひかれつつ(ダック・テイル)また来年 また来年逢おう ヨロシクッ!
c0040110_14521588.jpg


by hey.onetwo-okujun | 2005-09-19 14:52

ご報告

たった今 ヨコハマから帰って参りました
ラフ・ハウスの下見でもなく
本牧を懐かしがって行ってたワケでもありません

仕事です! 仕事! 9月は本業の方が 多忙を極めます
オナニーもロクにしておりません
フツー1週間に7回しかしないのですが・・・

皆様 3日おき でいいですから アクセスは
せっかく来て下さったのに
「チッ また更新してねーじゃねーかよ バカジュン!」
って舌打ちの声がココまで届いてきます

以上
中間報告でした 続きは後ほど
by hey.onetwo-okujun | 2005-09-07 18:12

VIVIENNE 後編

更新が遅れました ファンの皆様申し訳ありません
ワタクシ事ですが今週は今年最も激動した週になりました そして重要な週でした
おいおいお話ししますが 時間が無かったのです

さてもう4日開いちゃいましたがブラック・キャッツの2’nd ビビアンの後編

前編ではA面の素晴らしいオリジナル・ロックンロールを簡単に紹介したんだけど
あえてココでオリジナルと言わせてもらうのは
パクリだろうがナンだろうが オレはそのバンドやボーカルがソノ曲をモノにしちゃったら
「アリ」だと思う

ただライナーのクレジットは正直にWrighterの名前を載せるべきかな って

さてB side のレビュー
最初はやはり何かのドラマなのかな?
深夜 野犬に追われる野良猫というか黒ネコをイメージしていると思う
クールだね こういう演出スキ
1.Dance to the Bop
 泣く子も黙るジーン・ヴィンセントのエイト・バージョン
 踊りやすいしノリがイイね
 イントロのアレンジ クールっす

2.Blue Suede Shoes
カール先生のバージョンではなくエルヴィスのサンイヤーズのもの
ノリはヤッパリ良い 誠一さんイッパイイッパイでかっこえー
ホコテン・ローラー・マスト!!

3.Lucille
オットーさんの怪しい魅力がイイカンジ 歌のウマイヘタはこのさいカンケーないっス
先日発売されたDVDにアメリカでのライブが収録されているが この曲
ドリフの「ひげダンス」みたいなヘンな振りがされてあって イメージが…

4.Rock a billy Boogie
バーネット・ロックンロール・トリオの傑作だが このバージョンはロバート・ゴードン
から模倣されたのでは?
誠一さんの声質ってロカビリーに似合うねー

5.Tutty Flutty
4.のルシールといいリトル・リチャードものはオットーさん
ブラック・キャッツはこのように2.4.とR&Bを取り入れている 
時代の先駆といいましょうか 素晴らしい試みだと思うのはオレだけ?

6.Shake Rattle & Roll
エルヴィスのバージョンはいつの時代にも愛される名作です
ノリノリの誠一さんにもチューモク
間奏の際 出す掛け声がとてもシビレる 単純にノレます

7.I Wish (Rockabilly Look)
そうです 素直です 人間素直がイチバン! ALLIGATORSのRockabilly Lookです
でもね ソレがどーした ブラック・キャッツなんですよ 
聞き比べても圧倒的にブラック・キャッツのほーがイキオイがある

オリジナルに勝るカバーは もうオリジナル!
c0040110_18255757.jpg

この皮ジャン当時アコガレましたよ もうそりゃ

by hey.onetwo-okujun | 2005-09-03 18:31