VINCE TAYLOR

このトシになってもオンナの涙にはヨワい
それは
子供の頃 小学校の先生に今の男女平等、女性特権のルールを
イヤという程 叩き込まれたからだ

給食のクッキーをオカワリして無くすのも 
運動場で野球が出来ない程バレーボールのスペースを使っていたのも
図画の時間に一生懸命書いた絵をバカにするのも
掃除をサボると文句を言うのも
ホーム・ルームの時間に大勢の前で悪事をチクって得意満面なのも
休み時間も廊下で立たされソコを通るときクスクス笑ってバカにしていたのも
たいていオンナ

すると叩くじゃない すると泣くじゃない
泣くと先生が飛んでくるじゃない
「こら ! ジュンイチ またオンナのコ泣かせて オマエはロクな大人にならんゾ」
「…ごめんなさい」
そういうとき 必ずその泣いてた女はアッカンベーをして走っていく
クソッ! 不条理だ

オトコだったら叩いても泣かないし向かってくる イイね
チカラとチカラのぶつかり合い 正々堂々
負けても勝ってもお互いのファイトを賞賛し仲良くなるコトだってあるさ

ボーイズ諸君 もうオレたちは義務教育の段階でそーいうDNAに修正されているんだよ

電話に出れないと泣かれる
やってるコトが間違ってると文句を言うと泣かれる
約束がキャンセルされると泣かれる
別れ際に泣かれる
言うことを聞いてやれないと泣かれる
すると小2の頃 担任だったミツハタ先生が どこからともなくやってきて
「こら ! ジュンイチ またオンナのコ泣かせて オマエはロクな大人にならんゾ」
「…ごめんなさい ロクな大人になってません」

近頃 オトコらしいオトコが居ない とオナゲキのガールズ諸君
オトコに向かって流す涙は一生に3回にしてもらえませんか?
もう済んでいるヒトはこれから「涙」ではなく「ツバ」を吐いてください
オレからのお願いです

さて本題
今日はVINCE TAYLOR について
イギリスのロックンロール・シーンにおいてなくてはならない人物
c0040110_143015.jpg

イギリスは文化のレベルでもアメリカより進んでいないとならない
ナゼって? アメリカを作ったのはイギリスだから
コロンブスがアメリカ大陸を発見したトキからね
「おーいいトコ見つけちゃったよ ココにオイラの国の旗をたてるべぇ」ってね

でもエルウィスの誕生から チョッと状態は変わってきた
ロックンロール文化において「遅れ」をとっちゃったんだね
今まで全て「イギリス発信」だった文化は「アメリカから逆輸入」しなきゃならなかった

イギリスだってガンバってきてるんだよ
トミー・スティールとかクリフ・リチャードなんか
c0040110_1442291.jpg

オレは個人的に大好きなんだけど やっぱアメリカのパクリっぽくて安っぽい
ソコがいいんだけどね
そんなトキ あのジーン・ヴィンセントとエディ・コクランが1960年2月
全英ツアーをスタートした
コレにはイギリスの連中は今まで見たことも聞いたこともないパフォーマンスにビックリ
スゲー、スゲーよ !! こんなの見たこともない
イマだに テディ・ボーイズやロッカーズの間でジーンとエディの人気があるのも
このツアーのエーキョウだろうね

そんな1950年代末期 遠い国アメリカのエルヴィスとジーン・ウィンセントに強くエーキョウされた
1人の若者 それか ヴィンス・テイラー
歌い方とかアクションはエルヴィスをマネたコシをクネクネする しかもツイスト!!
ファッションは当時ジーン・ウィンセントがツアー中着ていたブラック・レザーの上下にヘンテコな
オーナメント ネックレスのトップがバカでかいヤツ
コレ
c0040110_1451037.jpg

何かのマークなのかな? オレもモッカ調査中です 知ってるヒトがいたら教えて!!
そんなカッコいいヴィンス・テイラーの動画をどうぞ
There's a lot of twisting going on - 1961
1961年のパフォーマンス
アレだよ まるで原宿ロックンローラー カッコいいよね テブクロとトガったクツがポイント
キャロルやマックショウなんかの
ファッション・ルーツは以前ジーン・ヴィンセントと書きましたが
ジーンをマネてツイストをキメてたヴィンス・テイラーがコレを具象化したんだろうね

もういっちょ
20 Flight Rock
20フライト・ロック
カッコエー!! キマったぁー トリハダものだよねー

その後のクラッシュにカバーされた
Brand New Cadillacは59年発表の名作で
ヴィンス・テイラーがオリジナル

クラッシュのジョー・ストラマやデビット・ボウイはヴィンス・テイラーの大ファン
もちろんビートルズやセックス・ピストルズのジト・ヴィシャスにも計り知れないエーキョウを与えている
その後 ビートルズのロックンロールやパンク・ムーブメントで
イギリスはロックの文化でも「イギリス発信」といういう栄光を取り戻すコトができた
c0040110_1502321.jpg

日本ではカルト的な存在 もっと評価されるべき
ヤスっぽく クールな楽曲 今改めて聴きなおしてみてくれ !!
by hey.onetwo-okujun | 2008-02-18 01:52
<< ロックンロールなルーム・ウェアとは? THE CRESTS >>